「futureshop」に新CMS機能、より自由なデザインを実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サービス名を「futureshop」に変更、リブランディングも

 (株)フューチャーショップは3日、SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop2」のECサイト構築機能を刷新し、より自由なデザインを実現できる新CMS機能「commerce creator(コマースクリエイター)」をリリースした。また、サービス名称を「futureshop2」から「futureshop」に変更し、リブランディングも行った。

 

 

簡単・シンプルにEC構築可能に、レスポンシブ、アダプティブにも対応

 「コマースクリエイター」では、ECサイトの要素一つ一つを「パーツ」単位に分割し、パーツを組み合わせによりECサイトが構築できるようにした。また、デバイスの画面サイズを問わずに表示できる「レスポンシブデザイン」、デバイスの画面に最も適した表示を行う「アダプティブデザイン」のいずれにも対応。すでに「futureshop」のデザイン機能を利用してECサイトの運営を行っているショップは、現在公開中のECサイトを運営しながら、新しいECサイトを構築・準備が進められる。

 

 

 また今回、「箇条書きコンテンツ」「画像+テキストのコラム型ページ」などのシンプルなコンテンツを作成できる機能を実装している。商品画像を一括登録する機能についても、より簡単・シンプルなものに改善され、バリエーション単位(カラー・サイズなど)での画像登録も可能となった。

1 2

関連記事