2018.8.21

RIZAP1Q、売上82%増も営業損失37億円…先行投資で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RIZAPグループ(株)がこのほど発表した2019年3月期第1四半期(4~6月)決算は、売上収益が前年同期比82.1%増の521億7400万円、営業損失が37億2600万円(前年同期は27億100万円の利益)、純損失が30億9800万円(同21億6700万円の利益)だった。

 

 

子会社化した企業が成長を牽引、Q2で大幅成長も

 第1四半期は、RIZAP関連事業や女性用補正下着などを展開する(株)マルコ、インテリア雑貨などの販売を行う(株)イデアインターナショナルなどのグループの主力企業や、(株)ワンダーコーポレーションや堀田丸正(株)など、昨年度M&Aにより子会社化した企業が成長を牽引。売上収益は9期連続で過去最高を更新した。

1 2

関連記事