2018.8.17

BEENOSなど、ベトナムCtoCのsendoに56億円出資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BEENOS(株)は16日、SBIホールディングス(株)、econtext Asia Limited(香港)、BEENEXT、ソフトバンク・ベンチャーズ・コリア、大和PIパートナーズ(株)、SKS Ventures(台湾)、FPTグループ(ベトナム)と共同で、ベトナムCtoCマーケットプレイス最大手のSen Do Technology Joint Stock Company(Sendo)と、総額5100万米ドル(約56億円)相当の第三者割当増資を引き受けることで合意したと発表した。Sendoが調達する金額は、ベトナムスタートアップの資金調達としては最大級となる。

 

 

ベトナム最大規模のオンラインマーケットプレイス

 なお、BEENOSは14年12月、SBIホールディングス、econtext Asia Limitedと共にSendoに共同出資し、合弁事業を行っている。今回のSendoへの出資は追加出資となり、出資比率は5~10%となった。

1 2

関連記事