2018.8.10

GMO-PGの3Q、営業利益が60%増…「GMO後払い」が好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOペイメントゲートウェイ(株)が9日発表した18年9月期第3四半期(17年10月~18年6月)決算は、売上収益が前年同期比24.5%増の191億2200万円、営業利益は同60%増の51億9000万円、四半期利益は同46.1%増の30億1600万円となった。

 

決済代行と後払い決済が好調

 第3四半期は、EC市場の順調な成長に加え、大手EC加盟店の開拓、EC事業者以外にもサービス提供を拡大したことなどから、決済代行事業では売上収益が前年同期比21.3%増の106億6849万円、セグメント利益が同23.6%増の60億5620万円を計上した。

 

 また金融関連事業では、後払い型の決済サービス「GMO後払い」の取扱高が好調に推移したほか、早期入金サービスに関わる取扱高が増加し、送金サービスも順調に伸長。売上収益が同32.8%増の45億8062万円、セグメント利益が8億7430万円(前年同期は9309万円の損益)となった。

関連記事