売れるネット広告つくーる、ジャックスの後払い決済と連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8日から決済方法に「アトディーネ」も選択可能に

 

 売れるネット広告社は8日、Fusicと共同開発したASPサービス「売れるネット広告つくーる」が、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ(株)が提供する後払い決済サービス「アトディーネ」とシステム連携したことを明らかにした。

 

 

 これにより、「売れるネット広告つくーる」で作成したランディングページで、決済方法として「アトディーネ」が選択できるようになった。

 

申込数・流通額ともに「後払い」利用の割合がトップ

 「売れるネット広告つくーる」は、通販会社のネット広告の費用対効果を改善するASPサービス。化粧品や健康食品などを中心とした「単品リピート系商材」のネット広告の費用対効果を改善することで、売上拡大が見込める。

 

 「アトディーネ」は、信販会社として64年の歴史を持つジャックスグループが提供する後払い決済サービスということもあり、ユーザーの認知度も高く、金融機関基準のセキュリティが保証されている。また、適正な与信判断により、不正注文やいたずら注文、反社会的勢力からの注文を排除することも可能となっている。

 

 売れるネット広告社が過去18年間に実施した「A/Bテスト」によると、「後払い」を決済手段のひとつとして加えることで、CVR(申込率)が最大化されることが判明しており、「アトディーネ」を導入することにより、顧客獲得効率の向上が図れるとしている。
 「売れるネット広告つくーる」経由の申込数では、68.59%が決済手段として「後払い」が選択されているなどトップだった。流通金額の割合についても「後払い」による割合が59.46%とトップだった。

 

 

 売れるネット広告社では「アトディーネ」との連携を記念して、「新規提携キャンペーン」を実施。申し込み月を含めた6カ月の間、初期・月額固定費無料、請求書発行費160円(税別)、サービス手数料2.7%で、同サービスを提供する。

 

■売れるネット広告つくーる

 

■アトディーネ

関連記事