GDO中間期、売上高24%増…M&A費用で純利は2桁減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業績予想修正…売上高は前回予想から4%増、利益は2桁減

 

 (株)ゴルフダイジェスト・オンラインが6日発表した2018年12月期第2四半期(1~6月)連結決算は、売上高が前年同期比23.6%増の119億2600万円、営業利益は同3.6%増の3億2000万円、純利益は同14.4%減の1億3700万円となった。

 

 

ゴルフ用品販売では、ユーザー数11%増・購入単価9%増に

 第2四半期では、前年に導入した新会員制度によるサービスの利用促進効果が継続し、集客が好調。在庫の拡充により品揃えを強化したことで、ゴルフ用品販売サービスが業績を牽引した。その結果、売上高・および売上総利益は2桁成長を継続し、上期としては過去最高となった。その一方で、米GOLFTEC子会社化に係るM&A関連費用などが発生し、純利益が減益となった。

1 2

関連記事