メルカリトレンド、7月は子ども向けキャラグッズの検索が急上昇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)メルカリが6日に公開した「メルカリトレンド通信Vol.11」によると、7月は『ドラゴンボール ヒーローズ』など、子供向けのキャラクターグッズ関連のキーワード検索がメルカリ内で急上昇していることがわかった。また、8月のトレンドとして、ハロウィンに向けた仮装グッズが増えると予想している。

 

 

夏休みで子どもグッズの検索が急上昇

 今回発表された「7月のトレンドワードランキング」は、フリマアプリ「メルカリ」で、18年6月と7月の期間中に検索数が急上昇した検索ワードをランキング形式で発表したもの。

 

 7月のトレンドワードランキングの第1位は、人気漫画ドラゴンボールのアーケードゲーム『ドラゴンボール ヒーローズ』。ゲームで使用するカードの中でも、7月に発売された雑誌付録の限定カードなどが人気となっている。

 

 

 第2位は、夏休みに放映される劇場版ポケモンシリーズの新作に登場する幻のポケモン『ゼラオラ』。映画の来場者に配布される限定グッズが多数出品されている。

 

 第3位は、マリンスポーツ用のアンダーウエア『ラッシュガード』。夏休みでプールや海などのレジャーに出かける回数も増える中、日焼け対策に力を入れる女性からの需要が高い。5月から継続してトレンド入りしている。

 

8月は秋物のファッションアイテムやハロウィングッズが検索上位に

 第4位は、世界中で大ヒットし、今年6月末に日本初上陸を果たしたカプセルトイ『LOLサプライズ』。7つのレイヤーに分かれた球状のカプセルを開封していくサプライズ感で人気。個性的なコスチュームやアクセサリーで人形の着せ替えが楽しめる。パーツの出品やコレクション目的の検索が多く見られる。

 

 第5位は、大ヒットスマホアプリ『ポケモンGO』。TVCMでも使われた“モンスター交換希望”の意味を持つステッカーが配布され、ファンの需要が高まった。

 

 また、昨年急上昇した検索ワードから今年のトレンドを予想する「8月のトレンド予想」では、「ハッピーセット」「コート」「ブーツ」「ニット」「ハロウィン」「ファー」の人気が高まると予想。メルカリでは先を見据えた検索が目立ち、秋口から活躍するような、コートやブーツなどのファッションアイテムやハロウィンに向けた仮装グッズなどを8月から準備する人が増える傾向にある。また、夏休み期間中に配布されるマクドナルドの『ハッピーセット』も“要注目”だとしている。

関連記事