ニッセン、AIチャットボット導入…LINE問い合わせも開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カスタマーサポート特化型チャットボット「Karakuri」を採用


 (株)ニッセンはこのほど、カラクリ(株)が提供するカスタマーサポート特化型AIチャットボット「Karakuri(カラクリ)」を通販サイトに採用。併せてLINEによる問い合わせの受付を開始した。これによりニッセンの通販サイトでは、問い合わせ受付が24時間可能となった。

 

 

問い合わせ対応、24時間可能に…カラクリの正答率は95%

 なお、チャットのユーザーインターフェースおよび有人チャットサービスには、アルファコム(株)のチャットシステム「M-Talk」が活用されている。

 

 「カラクリ」は、「正答率95%」を誇るAIチャットボット。チャネルに応じたチャットボット設計、専門トレーナーによるAIトレーニングなどにより正答率を上げている。また、精度向上のために随時アップデートを実施。さまざまな角度から会話分析を行うツールを搭載している。

 

 ニッセンの通販サイトではこれまで、不明点があった場合にユーザー自らサイト内を確認するか、電話やメール必要があったが、今回「カラクリ」を導入したことにより、電話での問い合わせが難しい時間帯もAIチャットボットで質問することが可能となった。また、平日のチャット営業時間内であれば、AIチャットボットから有人チャットにシームレスに切り替えることで、さらに詳しい問い合わせを行うこともできる。

 

 AIチャットボットによるサポートでは、サポートページの「チャットで質問」のフォームに質問事項を入力することで、応接ロボット「みこと」が回答する。LINEでのサポートでは、サポートページのQRコードをスキャンして友だち登録を行うことで、チャットを使って質問をすることが可能となる。

 

 

■ニッセン サポートページ

 

■カラクリ

 

■M-Talk

関連記事