ヤマトHD1Q、値上げの影響で大幅黒字…営業利益95億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマトホールディングス(株)が7月31日発表した2018年3月期第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高(営業収益)が前年同期比7.1%増の3806億9000万円、営業利益は95億7800万円(前年同期は100億の営業損失)、純利益は40億9600万円(前年同期は79億3700万円の純損失)となった。

 

 

ラストワンマイルの再構築が奏功

 引越サービスにおける過大請求分については、調査結果を踏まえた見積り影響額として31億400万円を同業績に加えている。

1 2

関連記事