スタートトゥデイ1Qは増収減益、海外担当など159人増員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スタートトゥデイが7月31日発表した2019年3月期第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高が前年同期比23.8%増の265億5200万円、営業利益が同26.4%減の58億7400万円、純利益が同24.7%減の41億6300万円となった。

 

売上増の販管費55%増で減益に

5月のセールイベント「ZOZOWEEK」が好調

 幅広いジャンルの新規ブランドが出店したことや、5月に実施したセールイベント「ZOZOWEEK」、プライベートブランド「ZOZO」でTシャツやデニムの販売したことなどが奏功し、増収となった。無料配布している「ZOZOSUIT」の広告宣伝や荷造運搬費が増加したこと、人件費の増加などで販管費が同54.9%増となり、営業利益・経常利益・純利益は減少した。

1 2

関連記事