2018.7.30

ヤフー1Qは増収減益、EC事業は営業利益41%減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(株)が27日発表した2019年3月期第1四半期(4~6月)決算は、売上収益が前年同期比9%増の2318億5500万円、営業利益が同8.9%減の475億8400万円、四半期利益は同9%減の326億7300万円と、増収減益となった。

 

 

EC物販取扱高は10%増の4699億円

コマース事業は営業利益が41%減の154億円 

 第1四半期では、検索連動型広告の売上収益が前年同期比で2桁成長を達成。さらにアスクルグループの売上収益が増加したことや、(株)ジャパンネット銀行の子会社化が寄与したことなどにより、全体の売上収益は増加した。

1 2

関連記事