2018.7.26

TカードとシュフーがID連携、異種ポイント間の購買行動が可視化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凸版印刷(株)は25日、同社が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」で、会員基盤を持つ企業とのID連携サービスを開始した。第1弾として、CCCマーケティング(株)のTカードとIDを連携させた。

 

シュフーアプリとのID連携で電子クーポンの利用など3機能を提供

 シュフーのユーザーIDと各ポイントカードサービスのIDを連携させることにより、ユーザーはシュフーチラシアプリで、複数のポイントカード情報やポイント履歴の確認、電子クーポンなどが利用できるようになる。主な機能は、(1)アプリがポイントカードの代わりになる「モバイルポイントカード」機能、(2)ポイント履歴が確認できる「ポイント通帳」機能、(3)連携先サービスのクーポンを利用してポイントをためることができる「電子クーポン」機能。

 

1 2

関連記事