2018.7.24

アリババとJR九州、「九州への送客100万人プロジェクト」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「フリギー」で中国人観光客に九州の魅力を紹介

 中国のアリババグループは23日、九州旅客鉄道(株)(以下、JR九州)との提携により「九州への送客100万人プロジェクト」を開始すると発表した。アリババグループが運営する旅行サイト「Fliggy(フリギー)」で、九州の魅力的な観光地・温泉・食・文化を紹介して誘客するほか、中国で6億人以上が利用する決済サービス「Alipay (アリペイ)」の利用環境を整備する。

 

 

 

2023年度に100万人の送客が目標

 今回の協業により、アリババグループはグループの技術を活用して、日本に関心が高い中国人観光客を抽出し、九州への送客を促進する。出店者との協働で旅行商品を販売するほか、アリペイの利用環境を整備して利便性を向上し、アリペイ加盟店への集客をサポートする。一方、JR九州ではモデルルート提案、D&S列車(観光列車)などのリソース提供、旅行商品の仕入れ支援などを行う。これらの施策より18年10月~19年3月の間に5万人、2023年度には100万人の送客を目指す。

1 2

関連記事