2018.7.10

アスクル決算、売上高は過去最高の3604億円…純利益362%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)が4日発表した18年5月期連結決算は、売上高が前期比7.3%増の3604億4500万円、営業利益が同52.7%減の41億9200万円、純利益が同362.5%増の46億9300万円となった。

 

 

「LOHACO」の配送費増加などで営業利益は減少

 17年2月の火災により低下していた「LOHACO」のサービスレベルは、同年9月に「ASKUL ValueCenter日高(AVC日高)が全面稼働を開始したことによりほぼ回復。売上高は過去最高額を更新した。一方、営業利益については、「AVC日高」が稼働直後で物流倉庫内の体制が整っていないこと、物流変動費が一時的に増加したこと、「AVC関西」稼働前に地代家賃などの負担があったことなどにより、減益となった。

1 2

関連記事