職場の自販機から弁当注文、サントリーとぐるなびが「宅弁」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サントリービバレッジソリューション(株)と(株)ぐるなびは5日、自販機で宅配弁当を注文できるサービス「宅弁」を7月から開始すると発表した。対象エリアは東京都中央区・港区・千代田区・品川区。

 

昼時の混雑を解消し昼休みの有効活用が可能に

 「宅弁」は、職場に設置された自販機を使って、職場近隣のレストランの宅配弁当が注文できるサービス。午前10時までに注文することで、正午12時にレストランから作りたての弁当が職場に届けられる。手軽にレストランの宅配弁当が楽しめるほか、昼時に混雑するレストランに並んだり、弁当などを社外に買いに行く必要がなく、昼休みを有効に活用できる。個人で注文ができるため、まとめて注文を取ったり代金を集金したりといった手間も省ける。

 

 メニューはレストランが考案した日替わり弁当1種類。飲料と同じ要領で購入でき、飲料も同時に購入した場合は10円引きとなる。

 

 

 

 自販機は「宅弁」機能を取り入れた専用の自販機で、職場の設置スペースに合ったサイズの自販機を選ぶことができる。初期費用やランニング費用は不要で、電気代のみ必要。省エネ自販機も選択できる。

 

 導入方法は、「宅弁」ホームページの規定フォームで問い合わせた後、サントリー担当者が会社を訪問し、サービス内容や詳細を説明。職場近くのレストランの日替わり弁当を提案する。飲料およびお弁当の販売数などの条件が合えば契約を結び、サービスの提供が開始される。

 

「宅弁ホームページ」

関連記事