2018.6.29

アマゾン騙る架空請求の被害拡大、消費者庁が2回目の注意喚起

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は29日、「アマゾンジャパン」などをかたるSMSによる架空請求について注意喚起した。消費者庁は17年11月にも同様の注意喚起を行なっているが、こうした架空請求の消費者被害が拡大し続けていることから2回目の注意喚起に至った。

 

 

被害総額は1億6500万円、一人の最高額は440万円

 消費者庁によると、SMSには「アマゾン」「アマゾンジャパン」「アマゾンカスタマーセンター」「アマゾンサポートセンター」を名乗り、「有料動画の未納料金があります。本日中にご連絡なき場合は法的手続きに移行いたします。」などと記載されている。「アマゾン◯◯」と電話番号が記載されているという内容。

1 2

関連記事