2018.6.28

ネット通販に物価押し下げ効果、アマゾンの輸送距離短縮も影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本銀行の調査統計局がこのほど発表したレポート「インターネット通販の拡大が物価に与える影響」で、2017年は、ネット通販の拡大によって、小売業との競争が強まっている日用品、衣類などを中心に消費者物価全体をー0.3%、押し下げる影響があったことがわかった。

 

 

ネット通販は店舗より13%オフ?

 また、オンライン価格と実店舗の価格の比較では、2017年に発表された「American Economic Review」による調査結果によると、日本では、ネット通販で販売されている商品が実店舗で販売されている商品より13%の割安になっていることがわかった。同調査はサンプル数が2186件で、オンライン価格が実店舗価格より低いのは、日本が45%、米国は22%、ドイツは23%で、10カ国の平均は18%となった。

 

 日本は海外と比較してネット通販価格の割引率が高いが、これは実店舗の調査対象がビックカメラ・ケーズ電気・ローソン・ヤマダ電機と、家電に偏っている可能性があり、物販全体の数字はここまで差が開かないとも考えられる。

1 2

関連記事