2018.6.27

ゆうパックがサービス改善、19年春から「置き配」開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本郵便(株)は26日、「ゆうパック」などのサービス内容を見直すことを発表した。9月1日から「ゆうパック」でサービス内容の改善を行うほか、「ゆうメール」の規格外サイズの廃止、「クリックポスト」の運賃改定を実施する。また、秋頃からは「Web決済型ゆうパック」、来年春頃には「指定場所配達サービス」(置き配)などの新サービスを開始する。

 

 

受け取り場所変更は「はこぽす」「コンビニ」も可能に

 「ゆうパック」のサービス改善では、配達希望時間帯を拡充し、ユーザーが帰宅時間に合わせて受け取れるよう、現在の配達希望時間帯に「19時~21時」を追加。併せて郵便物などの再配達希望時間帯や、当日の再配達受付の締切時刻も変更される。さらに、初回と再配達の受取場所の変更は、これまで「勤務先」「郵便局」に限定されていたが、新たに「はこぽす」「コンビニ」を追加し、受け取り場所の変更は4つの場所から選択できるようにする。

 

1 2

関連記事