2018.6.18

京東、上海のスマート倉庫で太陽光発電…10億トンのCO2削減へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の京東集団は15日、上海にある高度自動化のスマート倉庫「アジアNo.1」の屋上に太陽光発電システムを設置し、稼働を開始したと発表した。同社では、環境保護分野における理念となる「清流万向計画」に伴い、2030年までに10億トンのCO2削減を目指している。

 

 

クリーンエネルギー発電機で発電したエネルギーを自動化倉庫に提供

 今回導入された太陽光発電システムは、電力消費の多い自動化倉庫にエネルギーを提供するためのもので、クリーンエネルギー発電機で発電している。同システムの利用により、エリア内で稼働する電気自動車への充電や、立体自動倉庫、スマートロボ、自動選別システムなどに電力を供給できるほか、二酸化炭素(CO2)や有害化学物質の排出が抑えられる。

 

1 2

関連記事