2018.6.13

消費者相談、ネット通販が店舗販売を超える…消費者白書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁が12日に公表した「平成30年版消費者白書」によると、ネット通販に関する相談の割合が店舗販売の割合を上回った。年代別でも65歳以上の高齢者の相談内容も訪問販売に関する相談をインターネット通販が上回った。

 

 

 

CtoCフリマアプリの相談も増加、若者相談は健康美容商材が目立つ

 17年度(17年4月~18年3月)の消費生活相談件数は前年度比2・2%増の91万1000件となった。大きなトピックとしては、架空請求に関する相談件数が15万9000件寄せられるなど過去10年間で最多になった。 

1 2

関連記事