2018.6.13

ecbeing、ECサイト構築市場10年連続シェア1位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ecbeingは13日、富士キメラ総研社が発行する「富士マーケティング・レポート」のECサイト構築ソリューション市場占有率で、10年連続シェア1位を獲得したことを発表した。

 

 

導入サイト数は1100を突破

 

 「ecbeing」は、ECサイトの企画立案からマーケティング、サイト制作、システム構築、運用、データセンターまでワンストップで提供するソリューションパッケージシステム。EC専門の開発者400人体制により、これまでに1100サイト超の企業に導入されている。17年は売り上げを向上させるマーケティング支援や運用支援サービスが好評を得て、ECサイト構築ソリューション市場で45.2%のシェアを獲得した。

 

 

 カテゴリ別の占有率は、「アパレル」が49.2%、「食料品・飲料」が61.0%、「健康・美容関連品」が42.5%、「サービス販売」が46.2%。中でも「アパレル」の割合が最も高く、海外向けの越境ECを視野に入れたシステム構築や、実店舗との連携を中心としたオムニチャネルなど、多角的に展開を行う企業での導入が目立った。

 

 これらの結果について同社は「クレジットカード情報の漏えいなどセキュリティ事故は増加傾向にあり、高水準のセキュリティ基準を設ける企業が増えている。17年度はオープンソース系のECシステムから『ecbeing』にリニューアルを行うケースが見られ、導入社数の増加につながった」と分析している。

 

 ecbeingでは他にも、実店舗との連携による顧客統合、在庫の一元化、スマホアプリ開発、Instagram連携ツール「visumo(ビジュモ)」の提供など、オムニチャネル化を行う事業者の支援を多数実施。クラウド型ECプラットフォーム「mercart(メルカート)」なども提供している。

 

■ecbeing

関連記事