2018.6.12

配送を迅速化、「アマゾン茨木FC」がオープン…物流ロボも導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は11日、新たな物流拠点となる「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」(大阪府茨木市松下町)を開業し、9月に稼働開始すると発表した。同FCでは、川崎FCに次いで2拠点目となる「Amazon Robotics(アマゾン ロボティクス)」を導入する。

 

 

「アマゾン ロボティクス」導入で棚だし時間を削減

 「アマゾン ロボティクス」は、可動式の商品棚と棚を動かすドライブを組み合わせたもので、入荷商品の「棚入れ」とユーザーからの注文商品を出荷する「棚出し」の工程を担当する。ロボットが商品棚を作業員の前まで運ぶことにより作業員が歩く必要もなくなり、入荷した商品の棚入れ時間と、注文商品の棚出し時間の削減につながる。

 

 アマゾン茨木FCの延床面積は約1万9300坪(約6万4000m2)。名神高速道路「茨木IC」に近く、ヤマトホールディングスの総合物流ターミナル「関西ゲートウェイ」にもほど近い立地となっている。

 

 同社のジェフ・ハヤシダ社長は、茨木FCのオープンについて「西日本を含む全国のお客様により快適なオンラインショッピング体験を提供したい。今後も地域社会に根ざしたFCづくりを展開する」とコメントしている。

 

 同社では、品揃えの強化を図る目的で、国内のFCネットワークの規模を順次拡大しており、Amazonマーケットプレイスに出品する販売事業者のオペレーションを支援するとともに、迅速な配送を提供することを目指している。

関連記事