2018.6.12

配送を迅速化、「アマゾン茨木FC」がオープン…物流ロボも導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンジャパン合同会社は11日、新たな物流拠点となる「アマゾン茨木FC(フルフィルメントセンター)」(大阪府茨木市松下町)を開業し、9月に稼働開始すると発表した。同FCでは、川崎FCに次いで2拠点目となる「Amazon Robotics(アマゾン ロボティクス)」を導入する。

 

 

「アマゾン ロボティクス」導入で棚だし時間を削減

 「アマゾン ロボティクス」は、可動式の商品棚と棚を動かすドライブを組み合わせたもので、入荷商品の「棚入れ」とユーザーからの注文商品を出荷する「棚出し」の工程を担当する。ロボットが商品棚を作業員の前まで運ぶことにより作業員が歩く必要もなくなり、入荷した商品の棚入れ時間と、注文商品の棚出し時間の削減につながる。

1 2

関連記事