2018.5.31

通販利用者の3割が「商品受取の半数以上が再配達」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイボイスコム(株)が30日発表した「宅配便の受け取り方法に関するアンケート調査」の結果によると、全体の30%が「受け取る宅配便の半数以上が再配達になる」と回答し、ほぼ毎回直接受け取れる人は2割程度であることが分かった。

 

 

宅配ボックスやコンビニ受け取り利用は、それぞれ1割程度に

 同調査は、全国の10代~70代までの男女1万323人を対象としたインターネット調査(MyVoice)によるもので、調査期間は5月1日~5日。

 

 同調査によると、直近1年間の宅配便の受け取り方法で最も多かったのは「自宅で直接受け取る」の97.2%で、「宅配ボックス」は10.9%、「コンビニ・スーパーなどの店頭受け取り」は7.5%となっている。宅配ボックスの有無については、集合住宅居住者で13.1%、一戸建て居住者では2%が、「宅配ボックスがある」と答えている。

 

1 2

関連記事