2018.5.25

パーソナライズされた顧客体験提供へ…凸版とベル24が共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凸版印刷(株)と(株)ベルシステム24ホールディングスは24日、新たなデジタルカスタマーサービスの共同開発に着手すると発表した。両社はそれぞれ、専門部門による横断的なプロジェクトチームを6月より新たに編成し共同開発を手掛けていく。同サービスの提供開始予定は10月。売上目標は約20億円としている。

 

 

口コミ、コールセンター、チャットなど、対話・行動データを統合・解析

 同サービスは、口コミ、コールセンター、チャット接客、店頭購入など、顧客との対話や行動をデータ化、統合・解析することにより、顧客ごとに最適な顧客体験を設計・提供するもの。両社の連携により、顧客接点データ(口コミや問い合わせ、接客情報など)一元管理を行い、デジタル接点およびリアルでの顧客接点をデータ化して蓄積する。

 

1 2

関連記事