2018.5.17

父親世代、子どもの手料理で「ガッツリ飯」を希望…父の日調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)が16日発表した「お父さん」と「食」に関する意識調査によると、父親世代の約6割が健康のために“ガッツリにメニュー”を控えているものの、たまには食べたいと考えていることが分かった。また、「子どもの手料理を食べたい」と思っているお父さんが多いことも明らかになった。

 

 

9割弱のお父さんが「子どもと一緒に食事したい」

 同調査は、全国の20~40代の息子や娘と配偶者をもつ50~60代の男性200人と、全国の50~60代の父親と母親をもつ20~40代男女300人、計500人を対象としたインターネット調査(楽天リサーチ)によるもので、調査期間は4月13日~16日。

 

 まず、父親側に「どれくらいの頻度で子どもと一緒にご飯を食べるか」を聞いたところ、全体の27.0%が、子どもと一緒にご飯を食べるのは「年に2~3回未満」と答えた。次いで「1日に1回以上」(23.0%)、「2~3日に1回」(19%)という回答が多かった。

 

 

 続いて、父親側に「子どもと一緒にご飯を食べたいか」を尋ねると、88.5%が「食べたい」と回答。さらに、子ども側にも同じ質問をしたところ、75.0%が「食べたい」と答えた。このことから、親子揃って食事をする機会が少ないながらも、「一緒にご飯を食べたい」という気持ちをお互いに抱いていることが分かった。

 

 

「ガッツリ飯食べたい」「子どもの手料理食べたい」お父さん多く

 父親の食生活についての調査では、普段の食生活に気を使っているかどうかを尋ねたところ、「気を使っている」という回答が88.0%を占めた。そして、「健康のために“ガッツリメニュー”を控えることがあるか」という質問には、52.8%の父親が「控えている」と答えた。その一方で、「たまには“ガッツリメニュー”を楽しみたいと思うか」という質問に対しては、57.5%が「そう思う」と回答した。また「子どもが作った料理を食べたいか」との質問には、約7割のお父さんが「食べたい」と答えた。

 

インスタグラマーとコラボ、「激悪飯」のレシピを提案

 楽天市場では、今回の結果をもとに、特設ページ「高カロリー?脂っこい?上等だ! 父の日に食べたい#激悪飯」をオープン。『激悪飯(げきわるめし)』で人気のインスタグラマーぐっちさんが、父の日に食べて欲しい「ガッツリ男飯」を紹介している。特設ページでは、本調査結果の紹介のほか、ぐっちさんが本企画のため新たに考案した『激悪飯』オリジナルレシピなども掲載している。

 

 

 同サイトでは6月14日までのキャンペーン期間中、父の日に食べたい「#激悪飯」の写真をインスタグラムに投稿した人を対象に、楽天スーパーポイント10万ポイントの山分けを実施。1人あたり最大200ポイントが付与される。

 

■楽天市場 特設ページ「高カロリー?脂っこい?上等だ! 父の日に食べたい#激悪飯」

関連記事