2018.5.16

「ラクマ」販売手数料を有料化、6月4日から手数料3.5%に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)の子会社でフリマアプリ「ラクマ」を運営する(株)Fablicは15日、これまで無料だった「ラクマ」の販売手数料を、6月4日から3.5%に変更すると発表した。

 

 

手数料有料化は安心な取り引きの強化などが目的

 今回の手数料改定で、ラクマで商品が売れた際には、商品価格の3.5%の手数料がかかることになる。販売手数料が発生するのは、6月4日の10時以降の出品商品と、それ以前から出品していた商品のうち、購入者の支払いが6月11日の10時以降になった商品。

 

 Fablicは販売手数料の改訂について、「(有料化は)ユーザーが安心して取り引きできるための取り組みや、キャンペーン企画の強化が目的で、外的要因ではない」としている。同社によると、以前から有料化を計画しており、検討を重ねた結果、今回のタイミングで3.5%という手数料を設定した。有料化となったが、フリマアプリでトップの「メルカリ」は手数料が10%であるため、3.5%の手数料は他のサービスよりもかなり低い数字となっている。

 

 すでに同社には、無料の継続を求める声や、有料化に理解を示す声など、さまざまな声が届いているという。

 

 ラクマの販売手数料の改訂については、10日に行われた楽天の決算発表で、楽天常務執行役員の河野奈保氏が「適切なタイミングで対応したい」と語っていた。

関連記事