ペアルック復活?父親の4割がリンクコーデに興味…楽天調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)が14日発表した「お父さんのファッション」によると、父親世代の約4割が「リンクコーディネート(以下、リンクコーデ)」に興味を抱いていることが分かった。

 

 

 同調査は、全国の20~40代の息子・娘と配偶者をもつ50~60代の男性200人と、全国の50~60代の父親と母親をもつ20~40代男女300人、計500人を対象としたインターネット調査(楽天リサーチ)。調査期間は4月13日~16日。

 

父親が喜ぶプレゼント、1位「お酒」・2位「食べ物」・3位「ファッション小物」

 「父の日」に子どもから贈られてうれしかったものと、贈って喜ばれたものを父と子それぞれに聞いたところ、1位は「お酒(ビール・ワイン・ウイスキーなど)」(34.7%)、2位は「食べ物」(18.4%)と、父の日ギフトの定番商品が並んだ。また、3位には「ファッション小物(ネクタイ・手袋など)」(17.9%)、4位には「洋服・和服」(15.2%)と、ファッションアイテムが並んだ。

 

 

 続いて、父親側に自身のファッションについて聞いてみたところ、「休日に着る洋服を選ぶ際の困りごとがあるか」という質問に対し、5%が「ある」、22%が「ややある」と回答。その内容については、50%が「何を選べばいいのかわからない」と回答したほか、「自分で選ぶと妻や子どもからダメ出しをされる」(13%)などの声があった。

 

 現在、ファッションのトレンドとして、互いのファッションアイテムの色や柄を合わせる「リンクコーデ」が注目されているが、父親世代でも、1980年代にペアルックが流行している。

 

 そこで恋人時代や新婚当時に、妻とペアルックをしたとがあるかどうかについて聞いたところ、31.0%が「夫婦でのペアルック経験がある」と回答。さらに、「リンクコーデをしてみたいか」という質問に対しては、合計37.5%のお父さんが「してみたい」「ややしてみたい」「してもいい」と答えている。この結果から、若者のトレンドと思われがちな「リンクコーデ」が、父親世代にも受け入れられていることが分かった。

 

 楽天市場の父の日特設ページでは、『父の日に贈りたい!夫婦でおでかけ#リンクコーデ』を特集。今回の調査結果を掲載しているほか、大人気インスタグラマーbon ponさんご夫妻による3つのスペシャルコーディネートを公開している。

 

楽天市場「父の日特設ページ」

 

関連記事