2018.5.14

スクロール、中小通販向けコンビニ受取サービス「コトリ」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)スクロール360は9日、中小通信販売事業者も使えるコンビニ受取サービス「コトリ」の提供を開始した。

 

 

送料は手数料込みで全国一律450円

 店頭受取サービス「コトリ」は、同社の独自配送網によりファミリーマートが提供する店頭受取サービスが利用できるサービス。コンビニで商品を受け取れるだけでなく、同時に代金の支払いも可能となっている。

 

 同サービスは、軽微なシステム変更のみで始められ、配送費用は100サイズまで全国一律450円(税別、コンビニ受取手数料込み)。商品受取時の代金引換手数料は、荷物の大きさに関わらず一律200円(税別)で利用できる。コンビニ店舗での商品保管期間は商品の到着から1週間で、保管期間を過ぎた商品は、同社物流DCを通じて通信販売事業者へ返却される。

 

 

 サービス利用の主な流れは次の通り。

 

(1)消費者が商品を注文

(2)通販事業者から同社物流センターへ商品を出荷

(3)同社物流センターからファミリーマート各店舗への商品配送

(4)店舗への商品到着を消費者にメールで連絡

(5)消費者が店頭で商品を受け取る(商品代金の支払いも可能)

 

 これまでのコンビニ受取サービスは、大手ショッピングモールや一部の大手通信販売事業者などが運営する限られたECサイトでの利用が中心で、中小通信販売事業者の利用は難しかった。また、商品の配送料金は現行の配送料金をベースとしているため、消費者がコンビニ受取サービスを選択しても、通信販売事業者の送料負担に軽減がないことも課題となっていた。

 

 同社では、中小通信販売事業者向けに「コトリ」を提供することで利便性を向上させるだけでなく、宅配業界の人材不足や再配達問題といった課題の解決にも結び付けたいとしている。

 

「コトリ」

関連記事