2018.5.10

燕三条の特産品を「豌豆」で海外へ…中小機構とインアゴーラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(独)中小企業基盤整備機構は8日、日本製品に特化した中国向け越境ECショッピングアプリ「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ(株)と連携し、同アプリで新潟・燕三条地域の家庭用品・キッチン用品などの発売を開始した。

 

 

中国向け越境EC「豌豆」で家庭用品・キッチン用品を販売

 

 この取り組みは、インアゴーラと中小機構関東本部が連携することにより、新潟・燕三条地域の中小企業が中国向け越境EC市場に進出するのを支援するもの。同機構では、こうした取り組みを進めることにより、中小企業の販路が中国市場に拡大し、地域の活性化につながることを目指している。

 

1 2

関連記事