森永「健康食品通販サイト」から12万人の個人情報流出の疑い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森永乳業(株)は9日、同社が運営する「健康食品通販サイト」で、カード情報を入力して商品を購入した人などを対象に、最大12万人の個人情報が流出した可能性があると発表した。

 

 

調査中で個人情報流出の原因は不明

 流出の疑いがある個人情報の内容は、カード情報(番号/名義/有効期限/セキュリティコード)。なお、電話やハガキ、FAXで注文した利用者は含まれていない。

 

 同社では4月24日、カード会社からカード情報が不正に使用され被害が生じているとの報告を受け、同日中に同サイトにおけるクレジットカード決済を停止。第三者調査機関(Payment Card Forensics(株))に調査を依頼し、25日より調査を開始した。個人情報流出の直接的な理由は現在調査中で、調査結果については5月末日までに最終調査報告書を受領する。所轄警察および所轄官庁への相談・報告も行っている。

 

 また、流出した可能性が高い、17年1月10日~18年4月24日に同サイトでカード情報を入力して商品を注文したユーザー約2万3000人については、メールおよび書簡で個別に連絡。カード会社からの利用明細書に不明な取引があった場合、クレジットカード裏面にあるカード会社の連絡先に問い合わせるようにと通知している。また、クレジットカード番号の変更を希望する場合、クレジットカードの再発行手数料を無料とするよう、各カード会社に対応を求めた。

 

 現在、同サイトではクレジットカード決済の受付は停止し、流出の可能性のあるクレジットカード番号については、カード会社と連携して不正使用の監視を強化している。

 

 さらに同社は10日、「『リプトン5月キャンペーン』でアマゾンギフト券当選により、個人情報の提供を求めるメールが届いている」という問い合わせが寄せられていることも明らかにし、該当するキャンペーンは実施していないことから、個人情報を送信することのないようユーザーに注意を呼び掛けている。

 

森永乳業「健康食品通販サイト」

関連記事