2018.5.10

「エビスマート」が不正注文検知機能を追加…かっことの連携で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)インターファクトリーは9日、かっこ(株)との連携により、クラウドECプラットフォーム「ebisumart」を利用する事業者向けの不正注文検知機能を開発し、オプション機能として提供を開始した。

 

 

6月施行の改正割販法にも対応

 

 不正注文検知機能は、注文内容や配送先などを注文確定段階で審査し、リスクに応じてOK/Review/NGの結果とその理由を事業者に戻すサービス。審査結果は注文ごとに発行されるため、注文時に顧客を待たせたり、発送タイミングに影響したりすることはない。「ebisumart」を利用する事業者は、同オプションを導入することにより、18年6月に施行される改正割賦販売法の不正対策の義務化に対応できる。

 

 (一社)日本クレジット協会の発表によると、17年のクレジットカード不正使用被害額は236億4000万円で前年と比べて66%増加。このうちECからのカード番号盗用被害額は176億7000万円に上っている。

 

 こうした背景を踏まえ、かっこでは不正検知サービスを1万以上のサイトに提供。利用加盟店全体で共有するネガティブ情報などのデータベースマッチングや、ビッグデータ解析による属性・行動分析による検知により、不正注文による損失を未然に防止している。

 

■インターファクトリー

 

■かっこ(株)

関連記事