エディオン決算は増収増益、4K対応テレビが好調…EC強化も奏功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)エディオンが8日発表した2018年3月期連結決算は、売上高が前年同期比1.8%増の6862億8400万円、営業利益が同0.7%増の153億7800万円、純利益は同31.8%減の89億4400万円となった。純利益については、前連結会計年度の特殊要因である繰延税金資産の積み増しの影響である58億8600万円を除くと、増益基調にあるとしている。

 

 

6月開催のロシアW杯でテレビ・レコーダーの需要が拡大

 同期では、「蔦屋家電」などに積極的に出店したほか、ネットとリアル店舗を融合させた利便性の高いECサイトの運営を目的として、4月に「エディオンネットショップ」をリニューアルオープン。eコマース事業の強化を図るため、8月には文具・日用品のeコマースサイトを運営するフォーレスト(株)を子会社化した。また、eコマース市場の拡大に伴って物流需要が高まっていることから、同社の強みである配送サービス事業の拡大を図る目的で、3月に物流専門の子会社(株)e-ロジを設立。19年3月期中の営業開始を目指している。

 

1 2

関連記事