アイスタイル3Q、売上高は56%増の207億円に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)アイスタイルが2日発表した18年6月期第3四半期連結決算は、売上高が前年同期比56.1%増の207億1100万円、営業利益が同47.1%増の16億6900万円、純利益が同8.4%増の9億2300万円となり、会社設立以来の連続増収を達成した。

 

 

EC・店舗の利益が3桁増に

 美容系総合ポータルサイト「@cosme(アットコスメ)」を基盤としたオン・プラットフォーム事業では、ブランディング広告やバナー広告、「ブランドファンクラブ」などの化粧品メーカー向けの既存サービスが着実に成長。一方、戦略的に人的リソースを分散したことや、組織体制の強化による費用の増加などにより、同セグメントの売上高は前年同期比5.7%増の53億7900万円、セグメント利益は同4.1%増の19億8600万円となった。

 

 国内における化粧品ECサイト「@cosme shopping」などを運営するビュティーサービス事業は、ECで「@cosme」でランキング上位の商品の取り扱いを強化したこと、「@cosme」からの送客の強化を行ったことなどにより、EC売上は37%増、店舗売上は26.1%増となった。店舗については、第3四半期間中に2店舗を新規開店、1店舗を閉店している。これらの結果、セグメント売上高は同42.8%増の88億3900万円、セグメント利益は同148.6%増の4億2600万円に達した。

 

「独身の日」などでグローバル事業売上高が3倍に

 

 グローバル事業では、中国で11月11日の「独身の日」セールなどの季節要因があったことなどにより好調に推移。前連結会計年度に子会社化した海外企業3社の損益計算書を連結した影響で増収となったが、のれんの償却により収益面では赤字となり、セグメント売上高は同201.4%増の54億5100万円、セグメント損失700万円(前年同期は1億600万円の利益)となった。

 

 「@cosme」の会員数は引き続き増加傾向にあり、18年3月末地点で約470万人に達したほか、登録ブランド数は約3万2000ブランド、登録商品数は約30万件、クチコミ数は約1400万件に拡大した。

関連記事