「助ネコ」がIT導入補助金に採択…最大50万円を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイト支援一元管理システム「助ネコ」を提供する(株)アクアリーフはこのほど、「平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(IT導入補助金)」のIT導入支援事業者に採択されたと発表した。この制度を利用して「助ネコ」を導入した事業者は、導入費用の半分(上限額50万円、下限額15万円)の補助金を受けることができる。

 

 

補助金申請の手続きの代行も実施

 「助ネコ」は、「誰でも」「直感的」に操作できることを強みの一元管理システムで、「マニュアルを見なくても操作できる、わかりやすさ・使いやすさ」をコンセプトにしており、操作性に優れていることが最大の特徴。受注管理、在庫連動、商品登録、接客機能、物流連携、安全対策、などの機能・特徴を持つ。システムはオールインワンのみの販売ではないため、「受注管理だけ使いたい」「在庫管理だけ使いたい」といった要望にも応えられる。

 

 日本国内に本社や事業所を持つ中小企業は、「IT導入補助金」を活用して「助ネコ」の初期導入費用や月額利用料金(最大1年分)について最大50万円の補助を受けることができる。アクアリーフでは、補助金申請にかかる手続きの代行も行う。5月10日から28日まで、アクアリーフの特設サイトで補助金申請を受け付ける。二次公募は6月中旬、三次公募は8月中旬に交付申請開始の予定としている。

 

▽関連記事

EC一元管理システム「助ネコ」の利用企業が急増するワケ

 

助ネコIT補助金

 

関連記事