ヤマトHDは増収増益、荷物量の減少を運賃値上げでカバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマトホールディングス(株)が1日発表した2018年3月期連結決算は、売上高にあたる営業収益が前期比4.9%増の1兆5388億1300万円、営業利益が同2.3%増の356億8500万円、純利益が1%増の182億3100万円となった。

 

 

営業費用は711億円増加

 「働き方改革」に伴う運賃の値上げ、宅急便の総量コントロールなどで、宅急便の取扱数量は減少した分を宅急便の単価上昇でカバーし、増収となった。営業利益は前年を上回ったものの、外部を含めた人件費や委託費が増加したことなどで、営業費用が前年から711億円増加した1兆5031億円に上った。

 

1 2

関連記事