ベガコーポレーション、売上高18%増も配送コスト上昇などで減益

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ベガコーポレーションが4月27日発表した2018年3月期連結決算は、配送コストや原価率の上昇などの影響で減益となった。売上高は前期比18.4%増の129億7700万円、営業利益は同32.2%減の5億6100万円、純利益は同56.9%減の3億3800万円だった。

 

「DOKODEMO」の配送実績が78カ国に拡大

 家具Eコマース事業では、年間の開発点数が増加したほか、自社運営サイトのユニークユーザー数が拡大し、全体の売上高に占める割合が上昇した。家具EC「LOWYA(ロウヤ)」では、アクセス強化などで、首都圏での認知度、指名検索数が上昇した。また、寝具メーカーと開発したオリジナルデザインのベビー寝具も好調に推移した。

 

1 2

関連記事