BEENOS2Q、純利益256%増…越境ECなどが好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)BEENOSが26日発表した18年9月期第2四半期決算(17年10月1日~18年3月31日)は、売上高が前年同期比5.9%増の106億1100万円、営業利益は同55%の6億1800万円、純利益は同256.9%増の3億7200万円となった。

 

 

越境EC支援事業などが好調

 Eコマース事業全体では、売上高が2%増の102億2157万円、営業利益は同0.4%減の6億7897万円を計上。このうちクロスボーダー部門の海外転送・代理購入事業「FROMJAPAN」では、国内ECストアや海外WEBメディアとの連携による流通総額の増加、ユーザーからの問い合わせに対するチャット対応、スマートフォン最適化によるユーザー満足度の向上を図り、売上高が好調に推移した。

 

1 2

関連記事