2018.4.26

急拡大する中国越境EC市場、日本企業はなぜ苦戦するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通販業界では、成長著しい海外市場に目を向け、中国向けの越境ECを開始する通販会社が増えている。ただ、中国越境EC市場では、成功しているのは一部の知名度が高いメーカーや商品に限られ、市場に参入しても苦戦している企業も多い。こうした中国越境ECで苦戦する会社の駆け込み寺のようになっているのが、(株)トレンドExpressだ。同社が展開する中国越境EC支援サービス「越境EC X(クロス)」は、大手や中小メーカーの導入が進み、大きな成果が出ているという。同社のサービスから、中国越境ECで成功する秘訣に迫った。

 

 

中国で成功する越境ECのスタイルは?

 通販業界では現在、多数の中国向け越境ECサービスが存在しているが、大きく分類すると、アリババグループのECモール「天猫(Tmall)」や「京東(JD.com)」に店舗を出店する「旗艦店モデル」、店舗を出店するのではなく、商品を卸す取り組みの「出品代行モデル」、同じく商品を卸すタイプの「モール委託モデル」の3つに分けられる。それぞれにメリットとデメリットがあるが、いずれも中国での認知度が必要で、中国で売れている実績に乏しいと、大手ECモールに出店・出品したとしても売上拡大は見込めないという。そもそも、大手モールの旗艦店は、中国市場で流通の実績があり、中国での知名度がないと出店できない。

 

 こうした状況から、同社の濵野智成社長は「越境ECで売れるのは、すでに売れている商品で、これから売りたい商品はなかなか売れない。中国への越境ECは現在、気軽に参入できる市場ではなくなってきている」と語り、安易に参入することに警鐘を鳴らした。実際、大手メーカーなどでも、中国越境ECに参入したのはいいが、認知度不足で販売不振に陥り、同社に支援を求めるケースが増えているという。

 

ブランドポジションと中国越境ECでやるべきこと

 

1 2

関連記事