2018.4.25

おつり投資アプリ「トラノコ」がnanacoと提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TORANOTEC(株)は24日、同社が運営する「おつり」で資産運用を行う投資サービス「トラノコ」の利用で(株)セブン・カードサービスが運営する電子マネー「nanaco」のポイントが進呈されるサービスを開始した。両社は今年4月1日に業務提携契約を締結している。

 

 

トラノコを利用するとnanacoポイントを進呈

 「トラノコ」は、クレジット・カードやデビット・カード、公共交通機関共通乗車カードなどを利用時に発生する「おつり」を投資資金として、資産運用を行うことができる投資サービス。サービス利用者のリスク許容度に応じてバランスの取れた分散投資を行える、3つの投資信託を提供。毎月5円以上1円刻みの少額投資が可能となっている。

 

 今回の提携により、「トラノコ」の口座開設や毎月の利用時にnanacoポイントが付与されるサービスを実施。nanacoサイトを経由して、新規に投資口座を開設した人を対象に3500ポイントを進呈する。ポイントは利用から1年経過後(12回目の投資が行われた後)に付与される。また、投資額に関わらず毎月20ポイントを進呈。利用から1年経過後に12カ月分の240ポイントが付与される。

 

 TORANOTECのジャスティン・バロック社長は、両サービスの連携について「セブン・カードサービスとのコラボレーションにより、利用に応じてポイントが付与されるサービスを提供できることをうれしく思う。今後も生活のさまざまな側面をサポートする企業との提携によりトラノコの利便性をさらに高め、当社の掲げる『すべての人を投資家に』の実現に向けてまい進したい」とコメントしている。

 

■トラノコ

関連記事