2018.4.25

移動スーパー「とくし丸」、稼働台数が300を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オイシックスドット大地(株)の連結子会社(株)とくし丸は24日、同社の移動スーパー「とくし丸」の稼働数が303台となった。オイシックスドット大地調べでは、国内で展開する移動スーパー業界で300台を超えるのは18年4月時点で「とくし丸」が初めて。

 

 

地域スーパーから商品の提供受け、買い物難民を支援

 移動スーパー「とくし丸」は、食料品の購入や飲食に不便や苦労を感じる“買い物難民”と呼ばれる人を支援するために12年に設立。17年5月にオイシックス(当時、現・オイシックスドット大地)の子会社となり、事業を推進している。

 

 地域のスーパーマーケットと契約した販売パートナー(オーナー経営者、個人事業主)が提携スーパーの商品の中から400品目1200点の商品を選んで冷蔵機能を備えた軽車両に積み、各エリアを巡回して商品を販売する。また、地域の自治体や警察署と見守り協定を結び、病気などの兆候がある人を発見した場合に地域包括センターに連絡するほか、地域の安全を見守る役割を担う。

 

 扱う商品は仕入れ値0円で地域スーパーから提供を受け、1商品につき店頭価格に10円プラスした価格で販売。上乗せした10円が半分ずつ販売パートナーと地域スーパーの売上となる。知育スーパーは、契約金・ロイヤリティを「とくし丸」本部に支払う仕組みとなっている。

 

 

ベルク、いなげや、サンリブらと提携、今秋には義津屋の商品も取り扱いへ

 「とくし丸」の稼働台数は15年には100台、16年には200台を突破。これらの実績を受けて、17年1月以降は(株)ベルク(100店舗)、(株)関西スーパー(65店舗)、(株)いなげや(137店舗)、(株)コモディイイダ(82店舗)、(株)サンリブ(147店舗)などと提携を行っている。さらに今年4月には、東海エリアで23店舗のスーパーマーケットを運営する(株)義津屋と提携、今秋からの稼働開始を目指している。

 

■移動スーパー「とくし丸」

 

関連記事