2018.4.25

そごう・西武、“自分仕様”が買えるオーダーカスタム売場を開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)そごう・西武はこのほど、デジタル技術を活用したオーダー&カスタマイズ売場をそごう・西武の一部店舗に開設することを発表した。第1弾として西武池袋本店「パーソナルオーダー」を26日に、そごう千葉店ジュンヌ「パーソナルオーダーbyサロン・ドゥ・リデザインクローゼット・ドットネット」を28日にオープンする。

 

 

IoTメジャーで計測、採寸データ活用できるスマホアプリも開発へ

 両店舗では、無縫製で編み立てる(株)島精機製作所のホールガーメント横編機を用いたニットオーダー、衣料品と皮革雑貨のリフォーム、クリーニング、衣料品のリメイク、オーダーを提供。生産・作業拠点として、売場内にホープインターナショナルワークス(株)が運営するオープン型工房(ラボ)を設置する。

 

 ニットオーダーでは、パーツごとでなく、一着丸ごと立体的に編む「ホールガーメント」技術を用いて、身体に沿う美しいフォルムのニットを提供。採寸にはIoTメジャー(FUJITSU SmartDeviceIoTメジャー)を導入し、編み立てには世界最高峰と言われる島精機製作所のニット編み機械と技術を使用する。計測データはショップ間で共有し、将来的には、他店舗でも注文ができるスマホアプリの開発を行う予定。

 

 リフォーム・リメイクでは、縫製技術を有するデザイナーが接客から縫製まで担当し、購入時の風合いやデザインを生かしたリフォームやリメイクを実施。オーダー・セミオーダーで、女性向けのシャツ・パンツ・アクセサリーなどを提供するほか、デザインおよび型紙から作る完全オーダーにも対応する。

 

 スペシャルクリーニングでは、石油系の溶剤を使わず、水洗いで元の形状に近く復元させるウォータークリーニングを提供。バッグや靴など、革製品のクレンジングや補色・リペアも行う。

 

 同社では18年度中に、同売場をそごう横浜店・大宮店・広島店・西武所沢店にも設置する予定。さらに千葉店に、ものづくりを眺めながら本格的コーヒーが楽しめる「カフェ」をオープンする(6月下旬予定)。

関連記事