2018.4.24

「MakeShop」流通総額、過去最高の1480億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMOインターネットグループのGMOメイクショップ(株)は23日、ネットショップ構築サービス「MakeShop」の全ネットショップの年間総流通額(17年1月~12月)が、過去最高の1480億円に達したことを明らかにした。これにより、6年連続でネットショップASP業界No.1となった。

 

 

流通カテゴリは「家電」が最多

 17年の流通額をカテゴリ別に見ると、単価の高い「家電カテゴリ」が最多に。ただし、15年以降は減少が続いており、前年比では13%減と落ち込んでいる。モール型ECや家電量販店系大型ネットショップなどの販路拡大の影響で、白物家電の販売が振るわなかったことが要因として考えられる。

 

 家電に続く「アパレルカテゴリ」は、中小規模のアパレルショップの新規出店増加や、既存ショップの売上拡大により、年間流通額が前年比34%増を記録するなど大きく成長。最も成長率が高い3月で42%増、最も低い6月でも28%増だった。同カテゴリは15年を境に急速に拡大しており、同社ではアパレルのEC化が進んでいること、出店企業が取り組んで来たファッション・アパレル戦略が功を奏していることなどを、好調の理由としてあげている。

 

 「MakeShop」は、これまでに国内2万2000店舗以上が導入。「MakeShop」のベースシステムに加え、「予約販売機能」や「定期購入機能」、BtoBサイト構築を可能にする「BtoBオプション」、社内販売専用ショップが構築できる「シークレットショップ機能」などの機能を順次追加している。また、13年から提供している上位プランの「カスタムMakeShop for クラウド」では、外部基幹システムや販売管理システム、POSシステムとの連携も可能となっている。

 

「MakeShop」

 

 

関連記事