2018.4.20

まんが王国、シルバーエッグのAIレコメンド導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シルバーエッグ・テクノロジー(株)は16日、同社が開発・提供するリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」が、(株)ビーグリーが運営する電子コミック配信サービス「まんが王国」に導入されたことを発表した。

 

 

80万会員の行動分析し、6万作品からパーソナライズ提案

 AI技術を使った「アイジェント・レコメンダー」の導入により、「まんが王国」では80万人の会員ユーザーの作品閲覧・購入行動を分析し、6万以上の作品の中から一人ひとりの好みに合った作品をリアルタイムで表示することが可能となった。また、画一的になりがちだった「おすすめ作品」の内容をパーソナライズすることで、新しい作品と出合える機会を増やし、売上向上を図っている。

 

 「アイジェント・レコメンダー」の主な特長は、(1)漫画の好み(閲覧・購入の傾向)の似たユーザーへのレコメンドが可能、(2)局所的ブームをリアルタイムで反映、(3)最新作・人気作以外の嗜好に合った作品を推奨できる、など。ユーザーが発見した名作を、同じ傾向を持つユーザーにもレコメンドすることで、「自分が好きになれる漫画」と出合う確率を高め、ユーザー満足度を向上させる。また、SNSなどで注目され閲覧数が増え始めた作品をAIがキャッチし、レコメンドに反映することで、ブームを相乗的に高めることもできる。

 

 「アイジェント・レコメンダー」は、複数のレコメンデーション・アルゴリズムを搭載した、リアルタイムAI(人工知能)マーケティング・プラットフォーム。アルゴリズムは独自開発のAIがベースとなっており、サイトのアクセスや購買状況、各ユーザーの動線を「リアルタイム」に把握・分析し、各ユーザーの嗜好に合ったおすすめの商品を、瞬時に表示できる。また、多機能な管理画面やレポーティングサービスにより費用対効果の検証を実施。売上増大に向けた対策などを、専任コンサルタントが継続的にサポートする。

 

■まんが王国

 

■アイジェント・レコメンダー

関連記事