ブラウス、シャツワンピなど往年トレンド上昇…メルカリトレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)メルカリが17日に公開した「メルカリトレンド通信Vol.6」によると、「シャツワンピ」や「ブラウス」などといった往年のトレンドの再来ともいえるアイテムのキーワードが上昇している。

 


ギンガムチェック、ドット、花柄などレトロ柄が前月比10%増に

 

 同社が2月と3月を比較して、検索数が前月と比べて10%以上増えたキーワードを調査したところ、「ギンガムチェック」「ドット」「花柄」などのレトロな柄や、「シャツワンピ」「ブラウス」などのトレンド再来アイテムが急上昇していることが判明。「母が着ていたもの」や「母が70年代に購入したもの」といった紹介文も散見される。

 

 今春の傾向として、“どこか懐かしいのに今っぽい”「ロマンティックレトロ(=ロマレトロ)」が注目を集めており、「メルカリ」内でもレトロ柄と流行っているデザインを組み合わせたアイテムや、レトロアイテムを活用したトレンド着こなし(「シャツワンピ」を「コート」風に着回すなど)を提案するなど、「ロマレトロ」の特徴が反映されている。

 

 また、「祖母が昔買ったけれどしまい込んでいたもの」「母が20数年前に戴いたもの」といった内容でお腹周りを引き締めて見せるアイテムが多数出品されており、「ウエストポーチ」「ビスチェ」などの検索ワードも上昇。ウエストポーチといった「ウエストコンシャス」が再ブームアイテムとして注目されていることが分かった。

 

 他にも、「スポーツMIX」ブーム再来の兆しを受けて、「Tシャツ」「キャップ」「スニーカー」「マウンテンパーカー」「ナイロンジャケット」「ジョガーパンツ」などのスポーツ系アイテムが上昇しているほか、GWに向けて「アウトドア」関連ワードの「レジャーシート」「クーラーボックス」「テント」「アウトドア」などが急上昇している。

 

関連記事