母の日のプレゼント購入先、「ネット通販」が1位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイボイスコム(株)が13日発表した『母の日のプレゼント』に関するインターネット調査によると、プレゼントの購入先の約3割弱がインターネットショップであることが分かった。

 

 

昨年のプレゼントはお菓子・花・衣類などが上位に

 同調査は、10代以上の男女1万1031人を対象にしたもので、調査期間は17年6月1日~5日。

 

 昨年の母の日に贈ったプレゼントについて調べたところ、「お菓子」「カーネーション以外の花・鉢植え・観葉植物」「食品(お菓子以外)・飲料」「カーネーション」「衣料品、衣類小物」が各2割で上位を占める結果に。プレゼントにかけた費用については、「3000円~5000円未満」が3割で最も多かった。

 

 プレゼントの購入先については、「インターネットショップ」が3割弱、「総合スーパー」「専門店・小売店」が各2割、「デパート」が1割強という結果に。通販で母の日のプレゼントを購入することが定番化していることが明らかになった。

 

 プレゼントを購入した時期は、母の日当日の「5月14日」が18.4%で最も多く、次いで「4月下旬」(18.8%)が多かった。

 

 また、もらう立場の人に母の日に欲しいものを聞いたところ、トップは「感謝の気持ち」(26%)で、過去調査と比べてやや減少。以下「外食」「お菓子」が各2割、「カーネーション以外の花・鉢植え・観葉植物」「衣料品、衣類小物」「カーネーション」「一緒に家で食事」「お手伝いや家事」「一緒に外出・遊びに出かける」が各1割強ずつだった。

関連記事