2018.4.11

「CROSSMALL」が「ZOZOTOWN」と在庫連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)アイルは10日、同社が提供する複数ECサイト一元管理ASPサービス「CROSS MALL(クロスモール)」とファッションECモールの在庫連携を強化すると発表。その一環として「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」の取り寄せ商品の在庫連携を開始した。

 

 

近日中にマガシークとも連携へ

 取り寄せ商品とは、購入者から注文が入った商品のみ指定の倉庫に納品する販売形態。今回の連携では(株)ANAPの運用をモデルとして、「CROSS MALL」を利用する企業は他のECモール・ECカートと同じように、「ZOZOTOWN」との在庫連携ができるようになった。近日中には「MAGASEEK(マガシーク)」なども連携できるようにする。

 

 「CROSS MALL」は、複数ECサイトの商品・在庫・受注・発注・仕入の一元管理が可能な、月額制のASPサービス。ユーザーからの要望を随時受け付けているほか、ユーザー別の運用提案や専任担当によるサポートなどにより、使いやすさを追求している。さらに、ECを陰で支えるバックヤードの担当者を支援するための、ECバックヤード特化型メディア「B.Y」を運営している。

 

 同社では今後、モール側に在庫を預ける委託商品の在庫管理サービスの開発にも取り組む予定で、これにより「CROSS MALL」で管理する自社在庫を、販売状況に応じて適時投入することが可能となる。

 

■CROSS MALL

 

■B.Y

関連記事