2018.4.11

2月のネット通販利用世帯は35.6%、支出額は7.7%減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総務省統計局が6日発表した2018年2月の「家計消費状況調査」によると、1世帯(二人以上)の2月のネットショッピング支出額は、前年同月比4.6%増の9960円、ネットショッピング利用世帯の割合は同4.2ポイント増の35.6%となった。

 

 

「チケット」が19.9%増


 ネットショッピング利用世帯の割合は、前年同期比で上回ったが、前月(36.3%)より0.7ポイント下がった。ただ、昨年7月に35%を上回ってから、同等の水準を維持しており、一般家庭でネットショッピングの利用が定着してきていることがわかる。

ネットショッピングを利用する1世帯の支出額は、同7.7%減の2万7988円だった。増減率に影響を与えた主な項目は、「旅行関係費」(増減率10.5%増、増減率寄与度:2.16)、「衣類・履物」(同11.9%増、同1.25)、「チケット」(同19.9%増、同0.74)、「保健・医療」(同8.5%増、同0.45)となった。

関連記事