2018.4.10

Wowma!でスキル不要の広告配信「プラチナマッチ広告」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIコマースフォワード(株)は3日、総合ショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」で、商品の入札をするだけで「Wowma!」のサイトトップやカテゴリトップなどの各主要導線に広告をスピーディーに掲載できる「プラチナマッチ広告」の提供を開始した。

 

 

主要導線に「スピーディー」「自動」で広告配信

 「プラチナマッチ広告」は、商品を入札するだけでサイトトップをはじめとした主要な導線に、スピーディーに自動で広告が配信できるサービス。広告効果を管理画面上で確認をすることで、効率的な広告投資ができ、無駄な工数・コストが削減できる。また、短期間での売上増や出稿内容の継続的な改善活動にも繋げられる。

 

 主な特長は、(1)1メニューで「Wowma!」の主要導線に自動で広告を配信、(2)広告表示は自動で手間がかからず広告スキルも不要、(3)広告効果を即管理画面で確認でき、広告の最適化が図れる、(4)クリック数による成果報酬型で無駄なコストが発生しない、(5)商品入札後から広告掲載までは10分以内、(6)商品入札解除が簡単、など。利用方法は、「Wowma!」が提供している管理画面から「プラチナマッチ広告」管理画面へ移動、「プラチナマッチ広告」管理画面から予算・入札単価・スケジュールを登録することで開始できる。

 

プラチナマッチ広告の管理画面の説明

 

店舗数は前年比370%、商品数も同160%と伸長

 「Wowma!」の出店店舗数は前年比(※16年12月に対する2017年12月の比率)370%、出品商品数は同160%と大幅に伸張。商品数の増加に伴い出店者から「広告を簡単に利用したい」「広告を使って自社の商品を知って欲しい」という声が上がっていた。今回の「プラチナマッチ広告」のリリースは、こうした声に応えたものとなっている。

 

KDDIコマースフォワード

関連記事