2018.4.6

楽天がO2Oマーケ支援、会員IDと位置情報を活用した広告配信へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)と楽天データマーケティング(株)は5日、位置情報を活用した広告配信によりオフラインでのユーザー行動を効果測定することができるO2Oマーケティングソリューション「RMP(Rakuten Marketing Platform)-Go! Spot」の提供を開始した。

 

 

ミスドが先行トライアル、効率的な集客に貢献

 「RMP-Go! Spot」は、楽天会員IDのさまざまなチャネルやデータを活用し、位置情報によるユーザーへの広告配信を通じた店頭送客プロモーションの実施とプロモーション効果の測定を行うもの。具体的には、楽天グループが提供するスマートフォン向けおこづかいアプリ「Super Point Screen」、来店ポイントアプリ「楽天チェック」で得られる顧客行動などのビッグデータを分析することで、プロモーション施策の実施だけでなく、オフラインでのユーザーの行動を分析し、O2Oマーケティングの向上に役立てる。

 

 対象は実店舗で「楽天チェック」を導入済みまたは新たに導入する企業、O2Oマーケティングに今後取り組む予定の企業など。サービス内容は位置情報を用いた広告による来店者数などの効果測定、消費行動データなどのビッグデータ分析・レポート提供ほか。

 

 先行トライアルとして実施した(株)ダスキンが運営する「ミスタードーナツ」の新商品プロモーションでは、「Super Point Screen(スーパーポイントスクリーン)」で、新商品の広告をユーザーの位置情報に基づいて配信し、従来よりも効率的な集客効果を実現。さらに「ミスタードーナツ」が共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」の加盟店舗でもあったことから、「楽天ポイントカード」を活用したデータ分析も行った。

 

 同社では今後、来店や店頭購買を促進するプロモーションと分析を組み合わせるなど、より統合的なO2Oマーケティングソリューションの実現を目指す。

関連記事