ギフティ、5億8400万円を資金調達…海外展開強化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ギフティは3月30日、(株)ジェーシービー、スパークス・グループ(株)が運営する「未来創生ファンド」、(株)丸井グループを引受先とする第三者割当増資に加え、(株)三菱UFJ銀行からの融資により、総額約5.84億円の資金調達を実施した。

 

 

JCBとのプロジェクトや引受先との協業資金にも

 今回の資金調達はシリーズCラウンドに該当し、ファンド・事業会社ともに新規引受先からの出資となる。調達した資金は、ASEANなど海外におけるeギフト事業のサービス開発や事業体制の強化に充てられる。また、3月30日に(株)ジェーシービーと締結した業務提携のプロジェクトの資金や、「未来創生ファンド」の出資者のひとつであるトヨタ自動車(株)が実施するオープン・イノベーション・プロジェクト「TOYOTA Next」への協業資金などにも充当する予定。

 

 ギフティは、オンライン上でギフトを贈ることができるカジュアルギフトサービス「giftee」の運営、および法人を対象としたギフト販売システム「eGift System」を提供するSaaS事業を主力事業として展開している。

 

 同社では今回の資金調達を機に、引受先との新たな共同開発・事業提携に向けた取り組みに着手する予定で、海外での展開を見据えたサービス開発や事業体制の構築、eギフトを軸とした各種事業の拡大に努める考え。

 

■カジュアルギフトサービス「giftee」

関連記事